夏期講習かれこれ3分の1程が終わりました。

中3生は、授業ではテクニックを磨き、自習や自宅学習では入試に必要な知識を付ける。この2本立てで講習を行っています。

前にも書きましたが、特に英文法、数学の計算はこの半月でかなりの力がついたように感じます。もちろん、まだまだこれからもっと伸びていくんですが。

今年の中3生は、夏からの入塾となるので、入試までのおよそ7か月で結果を出さなければいけない。なので、授業時間以外でも頑張ってもらうところがどうしても必要で。

とはいっても、「家で勉強しなよー」の一言で、子供たちは何を勉強すればいいかわからないですよね。

なので、こちらですべてやるべきことを作り、ひたすらそれを暗記してもらう。少し過保護といわれるかもしれないですが、こちらで受験までのレールを引いていく。そのために僕ら受験指導塾があるとも思っています。子供たちはそのレールをしっかり走り切ってもらいます。そのために、励ましたり、時には叱ったり。

開校までの期間で作りためた教材がようやく日の目を見る時で、僕もわくわくしています。

ちなみにこれは自習を頑張る生徒と、その後ろは英単語教材です。入試の記述問題に備えて、すべて内容を見直しました。

何より今年の受験生は、努力ができる子が揃っています。

これが一番の伸びる要因。みんなはそれを持っているからね。

焦らず、コツコツと行こう。

彦根市の個別学習塾 

櫻見塾 加藤健太