こんにちは!櫻見塾の加藤です。

今日は日曜でしたが、中学生の模試。
中3が全員受験です。
下学年の生徒は今回は任意受験ですが、自ら進んで受けてくれた子もいます。(エライ!)

今年はコロナの影響で、高校の体験入学が遅れ、受験生たちが志望校を意識するのが遅れます。
模試の結果を活用し、生徒との2者面談、そして保護者の方たちとの面談をしながら、
これからの勉強について一緒に考えていきます。

半年後に、自分の望む高校を目指せるように、そして合格ができるように、
今、どうしても受験をイメージができないのは生徒達が悪いのではなく、ある意味仕方のないことです。
大多数の子はこれが初めての受験なのだから。

だから仕方ないね、ではなく、私たち講師や大人たちが一緒に未来をリアルにしていくことが必要です。
模試の結果が良くとも悪くとも、そこから上を目指すには必ず一人ずつのカリキュラムが必要です。

それをしっかりと考えて、残り半年を少しでも有意義にしてあげられるように頑張ります。

一方僕は模試の監督をしながら、中間テストの補習日程のシフト作成です。
10月の定期テストで、いい結果が出るように。できる限りのことをしていきます!

櫻見塾 南彦根校 加藤健太